目元と口元にポイントと当てたメイクとは?

メイクをする方法は、人によって大きく異なるものでしょう。あなたはどんなメイクをしていますか?「あの人のメイク可愛い」女性の顔はする前と後ではなかなか大きく変わるののです。なので、「メイク」が上手い人がすっぴんがかわいいとかそういうことはさておき、「それっておかしいのでは」と思わせるようなメイクをしている人がいることも確かでしょう。なので一概に「これはいいけど、あっちはだめ」だなんて決めることができなくて、それこそ「その人個人の象徴」とでも言うものです。

ある意味、お化粧がそれほどにうまくなくとも「綺麗」な感じは出せるものです。それは「唇」「マスカラ」に気をつけていたらできるものです。例えば「目」を強調したいのならマスカラを何回も塗りつけることが必要です。それも1種類を何度もということではなく「ボリューム」「長さ」「落ちにくいもの」を何回かにわけてつけるのです。

まずは長さを出し、次にボリューム。そして最後に落ちにくいものを塗って終わりです。1つだけだと落ちやすかったり、目の回りが時間とともに真っ黒になることもありましょう。できることならばそれは避けたいことですね。それか「口元」に変化をつけたいとき。これはたとえメイクをしていない状態であっても「唇だけを」作ることで大きく変わるものです。少し可愛らしさをつけたいのなら「ピンク」「赤」などのものを。唇がもともと赤みを帯びているのなら、それを隠すようなベージュを使うといいでしょう。とはいえ、これも人によって形・色が違うものですから「自分に合う」と思うものといくつも使うことが大切でしょう。

お化粧はたくさんのものに挑戦してみてください。いつも同じことをしていると・・・「どれが似合うかわからない」ものです。なのでいろんな色・会社のものを試してみませんか?そうすることで・・・あなたに合うものがどれか冒険することができるでしょう。綺麗になることはそういうことの積み重ねなのです。